自毛植毛はどのような薄毛治療法なのか

薄毛でお悩みの方も後頭部や側頭部には髪の毛が残っているという方が多いです。
この部分は、薄毛の原因になる男性ホルモンの影響を受けにくい部分なので、髪の毛が残っているということが多いのです。

自毛植毛は、この残っている自分の髪の毛を薄毛が気になる部分に植えるという薄毛治療法です。自毛植毛は、まず、側頭部や後頭部に残っている自分の髪を採取します。

採取した髪の毛は株分けし、専用機器で薄毛が気にある部分に移植します。人工植毛は拒絶反応が起こり、リスクを伴う治療法ですが、自分の髪の毛を使用する自毛植毛は、拒否反応が起こりにくく安全性が高い治療法です。



また、移植した髪の毛は、移植した部分の毛細血管や神経と結合するので、抜け落ちても再び生えてくるというサイクルができ、再び薄毛が気になるようになることはありません。

薄毛を隠すためにかつらやウィッグをつける人もいるようですが、どうしても不自然に見えてしまうことがあります。



自毛植毛は仕上がりがとても自然なので、薄毛の治療を行ったということが周りの人にバレる心配もありません。
白髪が目立つようになると、植毛した部分だけ黒い髪の毛が残ってしまうということもありません。

周りの髪の毛と同じように自然に白髪になります。



自毛植毛はメリットが多い薄毛治療法ですが、ある程度費用がかかり、定着するまでに時間もかかります。

メリットとデメリットをよく比較をして治療を受けましょう。