植毛ロボットARTAS(アルタス)を使った治療

植毛の種類の中でロボット治療があります。メリットは人間の手で行うよりも短時間で終わることですが、ロボット治療と言えば毛の採取から植え付けまでの全てを自動で行うことにより、植え付けの失敗でドナーである髪の毛を無駄にしてしまうケースがありました。
最新のロボットARTAS(アルタス)での治療では、移植する髪の毛の採取のみが自動で行われ、植え付けは1本1本手作業で行います。

その為、植え付けの失敗やせっかく採取した髪の毛を無駄にすると言うことがなくなります。

中でも、移植用のドナー株を採取する時に、メスを使わない。

切らない方法として傷が気にならないことで話題になっているFUE法を行う際にはメリットが大きいされております。



特に注目されている点が、直径1mm程度の極細パンチを使用し、毛包単位ごとにくり抜いて採取しますが、熟練の医師が行えば毛根の切断率が約5%以下だと言われております。

クリニックで植毛サイト利用者からとても評判です。

しかし、医師の手腕によって大きくドナーとなる根毛の切断率が変わった来るため、場合によっては多くの植毛の為の根毛を無駄にするケースが出てしまいます。


ARTASでは、髪の採取が自動で行われるため、術者の技術が結果に大きく影響しないと言う点が大きなメリットとされております。
最新型の植毛ロボットなだけに、その採取時間もさらに短縮化されており、施術時間が500グラフとであれば約1時間程度で終わることが可能なため、患者様への精神的負担や身体的負担の軽減にも役立っております。

NAVERまとめについて解説いたします。